ヘアカラー
  SiteMenu

妊娠とヘアカラー

妊娠中は、ヘアカラーをしても良いのかという疑問を多くの女性が抱くようです。
妊娠中は、胎盤やへその緒を通してお母さんが摂取したものを赤ちゃんも摂取することになります。特に薬については、妊娠中に服用してはいけないと指定されているものもあります。

たばこやアルコールなど、妊娠中に摂取すべきではないとされる嗜好品もあります。

ではヘアカラーについてはどうなのでしょうか。ヘアカラーは食べ物ではないから大丈夫という判断で、生まれるまで普通にヘアカラーを利用している方もいます。

一方でヘアカラーには強い成分が含まれているので、生まれるまでは接触を避けた方が良いと考えている方も多いようです。胎児への影響がママたちから不安視されているのは、ジアミンなどの成分です。

ジアミンはヘアカラーの色がしっかりつくために必要な成分ですが、強い成分なので妊娠中に使用する事を不安に思う方が多いのです。

ヘアカラーの中にはジアミンを使用していないものもあります。例えばナチュラルなヘナなどは、カラフルな色が思うように染まるわけではありませんがジアミンなどの成分は含まれません。

ヘアカラーと胎児・母体への影響については、いまだはっきりとしているわけではありません。ただし妊娠中は今までなんともなかった事でも、体質やホルモンバランスの急激な変化によって肌荒れなどを起こす可能性もあります。

妊娠中にヘアカラーを使用する時はパッケージの注意書をよく読んで、主治医に相談しつつ使用しましょう。



ヘアカラー関連MEMO

ゴマペプ茶は美味しく飲めてカロリーゼロ、毎日の食生活で血圧対策ができます。
ゴマペプ茶|サントリーの人気サプリランキング!

 
Copyright (c)妊娠とヘアカラー All Rights Reserved.